福祉事業所の皆様へ

私たちの仲間になりませんか?

 
プロジェクトの
総売上
146,983,533円
全国の
ブランチの数
12箇所
就労する
障がい者数
82名
センターラボの数
4箇所

(平成26年8月~平成28年9月末時点) 全国マップはこちら

HOME > 福祉事業所の皆さんへ

プロジェクトの仲間になろう

「なぜ私がこのプロジェクトに参加したのか?」

この事業に参加したのは、事業の中心メンバーである、ラ・バルカグループ代表の夏目さんから声をかけてもらったからです。

詳しい話を聞いて考えれば考えるほど、この場所にチョコレートの事業がフィットするなあ、むしろチョコレートしかない!と。そもそも、チョコレートを事業としてやること自体、すごく難しいことなんですよ。まず、いい原材料が手に入らない。例えばオーガニックのチョコレートも、この業界で年商何億というリーダーカンパニーでも手に入らないし、もし手に入っても、当然価格が高い。有名パティシエとかじゃないと、街のお店レベルで仕入れられる材料は、やっぱりたかが知れてるんです。だから今回、野口ショコラティエと一緒にやれて、本物の原材料を仕入れることができるのは非常に大きいです。

それに、今までの食材と比べてもチョコレートのポテンシャルはすごく高くて、たとえば地元で昔から売っているあられとか、地域の素材とも組み合わせやすく、広がりがあるのが大きな違いですね。今日はうちのクルー(働いている障害者スタッフのこと)が野口さんの研修を受けていたんですが、チョコレート屋さんになれる、一流の職人さんから教えてもらえると、見ている僕らは涙が出るくらい嬉しそうな顔をしていました。

久遠チョコレート西日本統括リーダー 兼 事業推進リーダー 吉野智和

久遠チョコレート西日本統括リーダー 兼 事業推進リーダー
吉野智和

3つのプロジェクト

  • ①トップショコラティエを目指す
    福祉事業所の障がい者がトップショコラティエを目指すためには、2つのステップを踏んで頂くことになります(研修⇒ブランチとなる(OEM受注や地域の福祉事業所への指導役となる)。
  • ②商品を販売する
    店舗等をお持ち、またはイベントでのチョコレート商品の販売を行いたい福祉事業所の皆様に、夢のチョコレート事業で作ったチョコレートを卸販売致します。
  • ③チョコレート素材を仕入れる
    チョコレート商品を作りたい福祉事業所様向けに、赤道上下20度に位置する各カカオ生産国から届いたピュアチョコレート素材を提供致します。

①トップショコラティエを目指す(2STEPが必要)

※ブランチ⇒エクスクラメーションスタイルの事例

  • STEP.1 ショコラティエ養成研修

    最初はピュアチョコレートの作り方を研修し勉強。

    ●福祉事業所にシェフショコラティエの野口が訪問し、チョコレート研修を実施します。

    ●地産の商品とチョコレートを掛け合わせることで、他のどこにもないオリジナルのチョコレート商品が出来る事もあり、私たちもワクワクする研修です。

    ●近隣の福祉事業所と集合型の研修にすることで、チョコレートを通じて地域の輪が広がる研修でもあります。

  • STEP.2 チョコレートを作るブランチとなる

    OEM受注や地域の福祉事業所への指導役への挑戦。

    ●チョコレート研修を終え、スキル、製造体制、商品品質共に一般市場で通用するレベルになると認められた場合は、夢のチョコレート事業で受注するチョコレート商品(OEM商品、久遠ブランド商品等)の製造に参画して頂くことが出来ます。

    ●また、近隣の福祉事業所にショコラティエの輪を広げたり、地域の福祉事業所の商品とチョコレートを掛け合わせることで新しい商品を生み出したりするミッションも担って頂きます。

  • ②商品を販売する

    ●店舗等をお持ち、またはイベントでのチョコレート商品の販売を行いたい福祉事業所の皆様に、夢のチョコレート事業で作ったチョコレートを卸販売致します。

  • ③チョコレート素材を仕入れる

    ●チョコレート商品を作りたい福祉事業所様向けに、赤道上下20度内に位置する各カカオ生産国から届いたピュアチョコレート素材を提供致します。